NO IMAGE

川に挟まれる金町の浸水被害は大丈夫?どこが危ないのか?ハザードマップで確認

過去には浸水!

土地の低い葛飾区は昭和22年のカスリーン台風で浸水した記録があります。

葛飾区が公開しているカスリーン台風の被害についての動画がこちら。

カスリーン台風のときの浸水記録はこちらに詳細が載っています。ちょっと画質が悪くて見づらいですが・・・

よく目を凝らしてみてみると金町周辺も浸水したみたいです。

国土交通省 関東地方整備局 河川部のページです。一級河川の直轄区間での事業実施や管理、補助事業、河川、ダム、海岸、砂防な…

江戸川浸水ハザードマップ

江戸川の浸水ハザードマップがこちら。

金町エリア全体が浸水するようですが、特に江戸川に近い住居よりも水元、南水元、新宿のあたりが深く浸水するようです。

荒川浸水ハザードマップ

少し遠い荒川ですがこちらも金町駅より西側は浸水するだろうという予測がたてられています。

一方金町駅より東側のエリアはほぼ大丈夫そうですね。

中川浸水ハザードマップ

中川は東京理科大学葛飾キャンパスのすぐ近くを流れる川ですが、意外にもこちらの川のハザードマップでは荒川のハザードマップに似ており主に金町駅より西側のエリアが浸水被害にあいますが、距離が近い割には浸水被害は少なさそうです。

中川よりも西側の亀有方面に浸水するようですね。

金町エリアは江戸川からの浸水に注意する必要があります。

両側を川で囲まれていますし、鉄道も川の上を橋で渡っているので氾濫するときには避難も早めに行うことが大事ですね。

台風予報、大雨警報のときは仕事を休んで避難が可能な状態にしておきましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!