不動産

松戸・矢切に物流拠点構想

金町から江戸川を超えてすぐの松戸市矢切農地を物流拠点にするという構想が上がったようだ。

概況

ニュース記事によれば、事業者から提案があり、業者としては来春には開発許可が欲しいとのこと。
市議会や農家の一部からは反対の声が出ているそうなので、今後の動向に注目したい。
総事業費は500億円超、国道6号に近い約15ヘクタールの農地に、地上2階建ての物流倉庫3棟を建設する予定

なぜ矢切?なぜ物流?

今年6月に、外環自動車道が三郷南から南方向へ開通することになっている。

>>>東京外環自動車道(三郷南~高谷JCT)

それに伴い、松戸インターチェンジがオープンする。
これによって物流事業者にとって松戸の利便性が遥かに向上することが理由ではないだろうかとかんがえられる。
松戸インターチェンジは矢切農地からも近い。

参考記事

>>>千葉)松戸・矢切に物流拠点構想 揺れる農家、市は困惑

>>>寅さんびっくり?「矢切の渡し」田園に開発構想、反対も

外環自動車道の松戸インターチェンジが新しく開設されることで何かしら開発が進むのかと思っていたが、かなり大規模なものになりそうだ。
大規模なため意見がまとまるのも時間はかかるかもしれない。
金町から見ればすぐ対岸での出来事なので、今後の動向に注目したい。

松戸・矢切に物流拠点構想” に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です